芥川龍之介と切支丹物 - 宮坂覚

芥川龍之介と切支丹物

Add: uvyri27 - Date: 2020-12-18 18:11:37 - Views: 5415 - Clicks: 8354

268||A 39 Sa: 2: 芥川龍之介 ( Spirit作家と作品 ) 鶴川図書館: 宮坂覚編著: 有精堂出版: 1985: 鶴川3階 910. 芥川龍之介と切支丹物: 宮坂覺 編: 翰林書房:. 芥川龍之介作品論集成 別巻 芥川文学の周辺: 宮坂覚編: 平成13年 : 6,600円: 5508: 芥川龍之介作品論集成2 地獄変 歴史・王朝物の世界: 海老井英次編: 平成11年 : 4,400円: 5509: 芥川龍之介作品論集成3 西方の人 キリスト教・切支丹物の世界: 石割透編: 平成11年 : 4,400. 書名: 芥川龍之介作品論集成 第3巻: 著者: 石割 透/イシワリ,トオル 平岡 敏夫/ヒラオカ,トシオ 川 鎮郎/カワ,シズオ 三嶋 譲/ミシマ,ユズル 渡辺 正彦/ワタナベ,マサヒコ 芥川龍之介と切支丹物 - 宮坂覚 酒井 英行/サカイ,ヒデユキ 鷺 只雄/サギ,タダオ 宮坂 覚/ミヤサカ,サトル 三好 行雄/ミヨシ,ユキオ. 芥川龍之介と切支丹物―多声・交差・越境 宮坂 覺 amazonで手軽に購入 amazonなら全品通常配送料が無料 デジタルガジェット通信 芥川龍之介と切支丹物―多声・交差・越境 宮坂 覺 google. 芥川龍之介 宮坂覚編著 (Spirit作家と作品) 有精堂出版, 1985. 宮坂 覺(みやさか さとる、1944年 - )は、日本の近代文学者。 研究分野は芥川龍之介。.

吉田精一「芥川龍之介Ⅱ」(松楓社)には、著 者が入手したと思しき片山広子の芥川龍之介宛書 簡数通を掲載している。これに拠れば積極的に芥 川龍之介に接近する寡婦、片山広子の実像が浮か び上がる。 彼女に対する芥川龍之介の気持は、=(~,t-). キーワード: 芥川龍之介 / あくたがわ りゅうのすけ / 国文学(近代) / 作家別 / 単行本 / 評論. 9: 作文・小論文こうすれ. 04, 「西方の人」について、初出誌刊行直後の作者の自殺がテキスト解釈に及ぼす影響を指摘し、初出時の可能性を掲載誌「改造」の当時の雑誌. 268||A 39 Mi: 3: 芥川龍之介 : 理智と抒情 ( 日本文学研究資料新集 ; 19 ) 中央図書館: 宮坂覺編. ﹂と批判し、それを﹁芥川 学の対特化徴の、と本あし質るて﹂い見とはらま否れで定、述すそべれて作がい者批るの判。シさ登ニれ場カて人ルき物なたの姿の思勢で考があや、る生芥。き川方文を相 宮坂 覚 6︶ ︵ の指摘した︿聖なる愚人﹀の系譜は. 石井 和夫/著 芥川竜之介研究資料集成別巻 1 関口 安義/編 芥川竜之介研究資料集成第10巻.

和暦刊行年:平2 1冊. 芥川文学とキリスト教 ー作風の変化を中心にー 河 村 清一郎 序 作者の思想や行動を代弁しているとは限らないし、また、表現のスタイルも作者の資質に伴って一様ではあり得ないのがふ しかしながら文芸作品の評価は表現されたものの全体にわたるべきであって、たとえば、ある作中人物の. 芥川龍之介「切支丹物」の材源(二) ―『さまよへる猶太人』― 須田千里 はじめに 『さまよへる猶太人』(大正六年六月『新潮』)は、従来、「いうまでもなく西欧に伝わ るWandering Jew 伝説がその出典である」(宮坂覺「さまよへる猶太人」、昭和五十八. - 文学 解決済 | 教えて!goo.

芥川龍之介と切支丹物 : 多声・交差・越境. 芥川龍之介と切支丹物: 著作者等: 宮坂 覚: 書名ヨミ: アクタガワ リュウノスケ ト キリシタンモノ : タセイ ・ コウサ ・ エッキョウ: 書名別名: 多声・交差・越境: 出版元: 翰林書房: 刊行年月:. 海老井英次. 芥川龍之介「 きりしとほろ上人伝」と『 西遊記』 阮毅 芥川龍之介のいわゆるは一六1ほどあるが&39;そ の中でよく論じられるのは「 奉教人の死」と「 きりしとほろ h 人伝」 である。 「 きりしとほろ L 人 a 」は、大正; 八 年三: ! :-=、五: ^一. 268||A 39 Sa 多摩 910. Amazonで宮坂 覺の芥川龍之介と切支丹物—多声・交差・越境。アマゾンならポイント還元本が多数。宮坂 覺作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

翰林書房 1999. 4: 大きさ、容量等: 571p ; 22cm: 注記 年譜あり 注記 著作目録あり isbn:: 価格: 8000円: jp. 芥川追想 石割 透/編 芥川龍之介の世界 中村 真一郎/著 芥川龍之介ハンドブック 庄司 達也/編 芥川龍之介と切支丹物 : 多声・交.

芥川龍之介 - 宮坂覚 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなの. 宮坂 覺/編 芥川龍之介 : 生誕120年 関口 安義/編 芥川龍之介中国題材作品と病 孔 月/著 芥川龍之介新論. 芥川龍之介のキリスト教観 ー 続切支丹物につ いて ー 佐 々 木 啓 一 0 前稿に続いて本稿では、芥川龍之介の「切支丹物」の中期及び後 期の作品の解明を試みたいと考えている。 ただここで少しことわっておきたいことは、本論文はあくまで芥. 芥川龍之介と切支丹物 : 多声・交差・越境: 著者: 宮坂覺 編: 著者標目: 宮坂, 覚, 1944-出版地(国名コード) jp: 出版地: 東京: 出版社: 翰林書房: 出版年月日等:. 双文社 函小擦れ.

芥川龍之介『大川の水」(初出「心の花」一九四年四月〉を 直輸)が、本作では非常に多く用いられている。 な鈍い光」「香油のような青い水」などといった比輸(特にたとえば、「青い油のような大川の水」とか、「青銅のよう一読してすぐ目につくのは. 宮坂 覚 「芥川龍之介と室賀文武 -『芥川龍之介とキリスト教』論への一視点-」 『上智大学国文学論集』 第5号 1971. 芥川竜之介『蜘蛛の糸・杜子春・トロッコ 他十七篇』(岩波文庫)つづきⅢ。ここに収録されている「蜘蛛の糸」「犬と笛」「魔術」「杜子春」「アグニの神」は、鈴木三重吉の童謡・童話雑誌『赤い鳥』に、「仙人」は『サンデー毎日』、「三つの宝」は『良婦の友』、「白」は『女性改造. 芥川龍之介と切支丹物 - 多声・交差・越境 - 宮坂覚 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 芥川龍之介 今般、当村内にて、 切支丹 ( きりしたん ) 宗門の宗徒共、邪法を行ひ、 人目 ( じんもく ) を 惑 ( まど ) はし候儀に付き、私見聞致し候次第を、 逐一 ( ちくいち ) 公儀へ申上ぐ可き 旨 ( むね ) 、御沙汰相成り候段 屹度 ( きつと. 夏目漱石、森鴎外、芥川龍之介について書かれた本でオススメの物を教えて下さい。漱石や鴎外本人が書いた著書と言うことではなく、伝記というか、生き方や人物像を語ったものを探しています 。よろしくお願いします。 夏目漱石、森鴎外、芥川龍之介の人物や作品を論じた本を挙げてみ.

宮坂氏の基調講演では、芥川龍之介とキリスト教との関わりを概観し、大正8年(1919)と大正11年の、二度に渡る長崎訪問を辿ったうえで、「煙草と 悪魔」と「奉教人の死」の2作品を中心に芥川のキリシタン物の問題性に迫った。. Amazonで宮坂 覺の芥川龍之介と切支丹物—多声・交差・越境。アマゾンならポイント還元本が多数。宮坂 覺作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. researchmap is an information sharing platform for the researchers. 12 吉田精一 「芥川龍之介とキリシタン文学」 『日本近代文学館編 現代文学と古典』読売新聞社 1970. 八木書店 出版物・古書目録:書籍のご注文や在庫の確認などができます. 海老井英次, 宮坂覺編: 双文社出版: 1990: 中央5階 910. (104 – 124) 宮坂 覚 : 芥川龍之介と室賀文武:「芥川龍之介とキリスト教」論への一視点 pdf (125 – 148) 池田 純溢 : 大岡昇平『野火』の研究:成立過程における「疎開日記」の位置 pdf (149 – 153) 川端 利幸 : 書評水原一著『平家物語の形成』 pdf. 笹渕友一、首藤基澄、宮坂覚などの明るい羅生門論がある (4)。また、主 流ではないが、吉田精一氏の曖昧な態度を受け継いだ善悪相関論も見られ る(5)。これらの論はほとんど下人という登場人物がどのような人間かに.

12 芥川龍之介作品論集成 第6. 宮坂 覚/編 漱石と次代の青年 : 芥川竜之介の. 4: ページ数: 571p: 大きさ: 22cm: ISBN:: NCID: BB15587414. researchmap is provided by Japan Science and Technology Agency. 作品論 芥川龍之介. 長野県 諏訪郡 原村出身。 長野県諏訪清陵高等学校を経て、早稲田大学文学部国文科卒業。.

4: 東西の芥川龍之介研究: Teresa Ciapparoni La Rocca, 高橋龍夫 編 ; Teresa Ciapparoni La Rocca, 宮坂覚 編纂: Nuova Cultura: c: 作文・小論文こうすれば上達する: 高野繁男, 宮坂覺 著: 法学書院:. 神奈川県生。文学博士。現・立教大学兼任講師。専門は日本近現代文学。 主な研究対象は芥川龍之介で、関口安義編『芥川龍之介─生誕120周年』(翰林書房、・11)・宮坂覚編『芥川龍之介と切支丹物』(翰林書房 ・4). 宮坂覚編著. 松本 常彦, 「西方の人」―遺言の神話化作用に抗して, 宮坂覚編『芥川龍之介と切支丹物』翰林書房, 342-353,.

芥川龍之介と切支丹物 - 宮坂覚

email: egipy@gmail.com - phone:(493) 629-8439 x 2719

北見市3(留辺蘂) 2014.11 - 浦和学院高等学校

-> 1分で相手の頭の中が見える本 - ワンダー洋子
-> 現行海事法令集 2011 - 海事法令集編集委員会

芥川龍之介と切支丹物 - 宮坂覚 - 最新消化器外科シリーズ


Sitemap 1

女たちの数え歌 - 上坂冬子 - 大塚正八郎